Menu

2019年3月期第1四半期 決算短信及び追加資料、並びに四半期報告書の一部訂正について

2018年11月13日
株式会社リクルートホールディングス

2018年8月10日に公表しました「2019年3月期 第1四半期 決算短信〔IFRS〕(連結)」「2019年3月期 第1四半期 決算説明資料」「2019年3月期 第1四半期 決算説明補足資料」「第59期第1四半期 四半期報告書」に一部訂正する事項がございましたので、下記のとおりお知らせします。

1. 適時開示情報

(訂正・数値データ訂正)「2019年3月期 第1四半期決算短信〔IFRS〕(連結)」の一部訂正について

(訂正)「2019年3月期 第1四半期 決算説明資料」の一部訂正について

(訂正)「2019年3月期 第1四半期 決算説明補足資料」の一部訂正について

2. 四半期報告書の一部訂正

第59期第1四半期 四半期報告書の訂正報告書

3. 訂正の理由

当社グループは、2019年3月期第1四半期よりIFRS 第15号「顧客との契約から生じる収益」(2014年5月公表)及び「IFRS第15号の明確化」(2016年4月公表)(あわせて以下、「IFRS第15号」という。)を適用していますが、2019年3月期第2四半期において、改めて顧客との契約の精査を行い、IFRS第15号の定義に基づき顧客の識別を見直した結果、販売代理店を介した一部の売上取引について、販売代理店が顧客であると評価しました。当該販売代理店との取引価額に基づき対価の算定を行ったところ、売上収益と売上原価をそれぞれ1,803百万円減額すべきであることが判明しましたので、訂正するものです。

訂正の内容は、各開示情報及び訂正報告書を参照ください。

以上