Menu

HRテクノロジーSBUの従業員を対象とした当社株式を用いた株式交付制度の検討開始についてのお知らせ

2020年09月30日
株式会社リクルートホールディングス

当社は、HRテクノロジー事業が着実な成長を遂げ、当社グループの中長期戦略遂行の中心であることに鑑み、HRテクノロジーSBU(戦略ビジネスユニット)において従業員報酬の一部としてこれまで活用してきた現金を用いた長期インセンティブプランを廃止し、当社の株式を使った株式交付制度を導入する検討を開始したことをお知らせします。

当社は、当社株式を用いた株式交付制度を活用することで、HRテクノロジーSBUの従業員の中長期的な企業価値増大への貢献意識を高め、企業価値を最大化していくことを目指しています。

グローバルに展開するテクノロジー上場企業は従業員報酬の一部として株式交付制度を広く活用しており、当社上場株式を活用した株式交付制度の導入は、当社の今後のグローバル人材の採用活動にも大いに資すると考えています。

HRテクノロジーSBUの従業員を当面の検討の対象とし、制度の詳細及び導入時期は、決定次第、改めてお知らせします。なお、各種制約により株式交付制度の導入が困難な場合に、同様の効果を実現する現金を用いた新しい長期インセンティブプランを導入することも併せて検討を開始しました。また、本開示に記載されている内容は、いかなる法域においても、当社の有価証券の売付けの申込み又は買付けの申込みの勧誘を構成するものではありません。

以上