Menu

剰余金の配当について

2021年05月17日
株式会社リクルートホールディングス

当社は、本日開催の取締役会において、2021年3月31日を基準日とする剰余金の配当を決議しましたので、お知らせします。

配当の内容

今回の決定事項 直近の配当予想
(2021年2月15日公表)
前期実績
(2020年3月期)
基準日 2021年3月31日 2021年3月31日 2020年3月31日
1株当たり配当金 10円50銭 9円50銭 15円00銭
配当金総額 17,173百万円 - 24,748百万円
効力発生日 2021年6月18日 - 2020年6月23日
配当原資 利益剰余金 - 利益剰余金

理由

当社は、持続的な利益成長と企業価値向上につながる戦略的投資を優先的に実行することが、株主共通の利益に資すると考えています。加えて、当社は、株主に対する利益還元を重要な経営上の施策の一つとして認識し、安定的かつ継続的な配当を行うことを基本方針として、業績と将来必要となる自己資本の水準を総合的に勘案した利益還元を行うこととしてきました。この利益配分に関する基本方針に則り、連結財務状況や通期の連結業績等を勘案して、2021年3月期末の1株当たり配当金は直近の配当予想9.50円から1.00円増配の10.50円としました。中間配当9.50円を含めた年間配当金は20.00円となります。

以上