Menu

リクルートホールディングスのサステナビリティ活動が『2018 Sustainability Awards』にて2つのカテゴリーで2つの受賞

2018年08月09日
株式会社リクルートホールディングス
サステナビリティ

株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)は、アメリカのThe Business Intelligence Groupが運営する『2018 Sustainability Awards』にて、2つのカテゴリーにおいて2つの受賞をいたしましたので、お知らせいたします。

受賞について

『Sustainability Awards 』は、アメリカのThe Business Intelligence Groupが運営するアワードで、ビジネスとサステナビリティを上手く結びつけ実践している企業・団体に贈られるグローバルなアワードです。企業からNPOなど全ての規模の団体・企業が応募可能になっています。

リクルートホールディングスは『2018 Sustainability Awards』(https://www.bintelligence.com/sustainability-awards/)にて、サステナビリティヒーロー(エグゼクティブ)のカテゴリーで取締役 兼 専務執行役員 兼 CSO 兼 CHROの池内省五が、サステナビリティサービスオブザイヤーのカテゴリーで『スタディサプリ』と『Quipper』が受賞いたしました。また、サステナビリティサービスオブザイヤーのカテゴリーのファイナリストとして『Geppo』が選出されました。

受賞内容

サステナビリティヒーロー(エグゼクティブ)

組織内でサステナビリティの活動を推進・改善した取締役などの役職者に授与される賞

受賞者:池内省五 取締役 兼 専務執行役員 兼 CSO 兼 CHRO

受賞者:池内省五 取締役 兼 専務執行役員 兼 CSO 兼 CHRO

サステナビリティサービスオブザイヤー

市場にある他のサービスに比べ、よりサステナブルで、エコフレンドリーなサービスに贈られる賞で、『スタディサプリ』と『Quipper』 が合わせて受賞しました。

受賞サービス:『スタディサプリ』、『Quipper』


受賞サービス:『スタディサプリ』 https://studysapuri.jp/
サービス内容:オンライン学習サービス『スタディサプリ』は、月額980円から実力派講師による5教科18科目と21世紀型教育講義動画4万本以上が見放題。2017年度はサービス累計有料会員64万人が利用。また、学校教育のサポートツールとしても、高校においては全国5,000校のうち2,353校、小中学校は15の自治体/団体に導入されています。

受賞サービス:『Quipper』 https://www.quipper.com/
サービス内容:『Quipper』は海外向けのオンライン学習サービスで、生徒の学習・先生の宿題管理・問題作成などのオンラインラーニングシステム『Quipper School』およびオンライン講義動画『Quipper Video』をインドネシア・フィリピン・メキシコで展開しています。



※ファイナリストに選ばれたサービス
選出サービス:『Geppo』https://www.geppo.jp/
サービス内容:従業員のコンディションの変化を発見するためのサービス。従業員が毎月3問の設問に回答することで、人事は従業員や組織のコンディション変化の兆しを把握、課題の早期解決・適材適所の推進に活用できます。

受賞コメント

リクルートグループにおけるサステナビリティの取組みや、グループ内の複数のサービスが、グローバルなサステナビリティ分野のアワードで受賞され大変光栄に思います。
今後もステークホルダーの皆さまとのエンゲージメントを大切にしながら、弊社のサステナビリティ方針である『事業で社会に貢献する』を軸に、サステナビリティの取組みをさらに加速させていきたいと思います。

池内省五 株式会社リクルートホールディングス取締役 兼 専務執行役員 兼 CSO 兼 CHRO

池内省五
株式会社リクルートホールディングス
取締役 兼 専務執行役員 兼 CSO 兼 CHRO

リクルートホールディングスのサステナビリティ活動

【リクルートのサステナビリティ活動】

「一人ひとりが輝く豊かな世界の実現」を目指して
1960年の創業以来、リクルートはその経営理念である"一人ひとりが輝く世界を実現する"という想いを大切に、事業を発展させてきました。事業の発展とともに、私たちに期待を寄せてくださる方も少しずつ現れ、私たちは、その期待に応えることでさらに事業を磨き成長してきました。
この事業の発展により企業市民としての責任範囲も一層広がっていると認識しています。 私たちは、社会からの期待を真摯に受けとめ、各地域のコミュニティーと協力しながら、すべての企業活動を通じて社会に貢献し続けます。

【リクルートグループサステナビリティ方針】

行動指針
・事業で社会に貢献する
・社会の期待に応える
・企業市民としての責任を果たす

【5つの重点テーマ】

リクルートグループへの期待、そして我々の事業領域から、影響力の高い5つのテーマを設定し、重点的に取り組みます。
私たちはグループ経営理念として掲げている"一人ひとりが輝く豊かな世界の実現"を目指し、次の5つをグローバルサステナビリティの重点テーマとして掲げました。私たちが出来ること、すべきこと、挑戦すべきことを、様々なステークホルダーと連携・協働し、実行していきます。

「働き方の進化」
「機会格差の解消」
「多様性の尊重」
「人権の尊重」
「環境の保全」

※リクルートホールディングスのサステナビリティ活動についての詳細は下記をご参照ください。
https://recruit-holdings.co.jp/sustainability/