Menu

有山達也展「音のかたち」

2019年08月20日
株式会社リクルートホールディングス
サステナビリティ

株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)が運営するギャラリー「クリエイションギャラリーG8(http://rcc.recruit.co.jp/)」では、2019年8月27日(火)より10月5日(土)の期間、有山達也展「音のかたち」を開催します。

有山達也展「音のかたち」について

有山達也は、東京藝術大学を卒業後、中垣デザイン事務所を経て、1993年アリヤマデザインストアを設立。2002年の1号の刊行から15年まで76号にわたりアートディレクターをつとめた『ku:nel』や、現在手がけている東京藝術大学発行の『藝える』、座・高円寺のフリーペーパー、北九州市発行情報誌『雲のうえ』といった広報誌をはじめ、文芸書から料理本、写真集、漫画など、さまざまなジャンルのエディトリアルデザインを中心に、キャリアを重ねてきました。

編集者やライター、カメラマン、イラストレーターといった協働者と対話を重ね、それぞれの持つ力を効果的に引き出すアートディレクションや、独特のゆったりとした佇まいを持つレイアウト。手にとるものに、心地よい空気感と品の良さを感じさせるデザインを世の中に届けています。

また、デザインの仕事のかたわら、数千を超えるレコードコレクションとヴィンテージオーディオを持ち、音楽と密接に関わる生活を送る有山。東京初となる今回の個展で、テーマに選んだのは「音」でした。

音を生むレコード針とレコードの溝を接写レンズでとらえた、写真家の齋藤圭吾の著書『針と溝』(本の雑誌社)。この写真集のエディトリアルデザインを手がけた有山は、制作に関わるなかで、「音」には「かたち」があるのではないかと思った、と言います。

今回の展覧会で有山は、齋藤との協働による、『針と溝』の世界をさらに進化させたヴィジュアル表現や、レコードの音を作り出すカッティングエンジニアやオーディオ機器を作っている人たちへの取材を通し、「音」の可視化に取り組みます。目ではかたちをとらえにくい、けれど空間に確かにたちあがる「音」の世界を、写真で、文字で、図像で、表現・構成します。有山によって可視化された「音」は、どんな表情を見せるのか。

開催概要

有山達也展「音のかたち」
  • 企画展名
    有山達也展「音のかたち」
  • 会期
    2019年8月27日(火)~10月5日(土) 11:00~19:00
    日曜・祝日休館 入場無料
  • 会場
    クリエイションギャラリーG8
    〒104-8001 東京都中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル1階
    TEL 03-6835-2260 http://rcc.recruit.co.jp/
  • 主催
    クリエイションギャラリーG8
  • 制作協力
    齋藤圭吾
  • 制作応援
    ワタナベケンイチ、有山胡春
  • 協力
    The Electric Recording Company、EAR Yoshino、Bedford Sound、合研LAB、アダマンド並木精密宝石株式会社、オリンパス株式会社、中川雅人、秋葉裕介、グレイ
  • オープニングパーティー
    2019年8月27日(火) 19:00~20:30
  • トークイベント
    第299回クリエイティブサロン
    2019年9月25日(水) 19:10~20:40
    出演:菊地敦己 有山達也 ※敬称略
    参加無料、要予約 *詳細はhttp://ptix.at/cSVTvI
  • 関連イベント
    「君の一枚(レコード)を教えて」
    2019年9月7日(土) 19:10~21:10(予定)
    参加者の皆さんにご自分の「この一枚!」というレコードをお持ちいただき、ギャラリー内のレコードプレイヤーで一緒に聴く、レコード鑑賞会です。
    出演:菊地敦己 有山達也 ※敬称略
    定員15名 参加無料、要予約 *詳細はhttp://ptix.at/uAxIYN

    「針と溝をとっかえひっ会 Part.2」
    2019年9月20日(金) 19:10~21:10(予定)
    ギャラリー内で、レコード(オリジナル盤、再発盤、復刻盤など)やレコード針(モノ、ステレオ)を取り替えながら、音の違いを聴き比べしつつトークしていただきます。
    出演:齋藤圭吾 有山達也 ※敬称略
    定員30名 参加無料、要予約 *詳細はhttp://ptix.at/pADRzh

プロフィール・作家からのメッセージ

有山達也 Tatsuya Ariyama

有山達也 Tatsuya Ariyama
1966年埼玉県生まれ。中垣デザイン事務所にデザイナーとして約3年勤務。1993年アリヤマデザインストア設立。エディトリアルを中心としたデザイン、アートディレクションを担当。第35回(平成16年)講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞。ミームデザインスクール講師。東京藝術大学非常勤講師。

 音(楽)は空気が揺れて、それが耳から入り信号に変わり脳に伝わる。おっ、良い音だなとか、キンキンしているなとか、心地良いとか、うるさいとか、様々なことを感じる。何かを食べればおいしいとかまずいとか感じるように、音にもイノシン酸やグルタミン酸のような物があって、おいしい音、まずい音があるのかもしれない。
 高校生の時に初めてLPレコードを買い今もそれは続いているが、こう思うようになったきっかけは、『針と溝』(齋藤圭吾、本の雑誌社)を手伝ったことだった。そして、さらにその先を見てみたくなった。一体どうやったらレコードの中に音をつめこむことができるのか?! こんな疑問がふつふつとわき出てきた。レコード針が通過する一瞬に、シンバルの音とベースの音をなぜ一緒に出せるのだろうか。いくら考えても凡庸な頭ではさっぱりわからない。レコード針がレコードをなぞり、微細な信号がアンプの中で増幅され、スピーカーが空気を振るわせ、それが音として耳に届き、心地良くなったり不快になったり。
 レコードの溝やレコード針を拡大したら音のかたちが見えるかもしれない。レコードに音を刻んでいる人たちに話をきいたら音を言葉にできるかもしれない。アンプを作っている人に話をきいたら信号がかたちになって現れてくるかもしれない。
 音(楽)とはどういうかたちをしているのかを探ってみたいと思う。
有山達也

本件の詳細はこちらよりご覧ください