Menu

International Women's Day2021

3月8日は国際女性の日・
ジェンダー平等の実現に向けて

  • #IWD2021
  • #ChooseToChallenge

これからも「一人ひとりが輝く豊かな世界の実現」を目指して

Happy International Women's Day!
リクルートグループとしてこの日をお祝いするのは2年目になります。
とても喜ばしいことと思うと同時に、この1年間は世界にとって試練の1年だったと改めて強く感じています。なかでも特に女性にその負の影響が大きく出ていることを、とても重く受け止めています。今日という日を、ジェンダーに関わらず誰もが平等な機会を得られる社会について考える良いきっかけととらえるとともに、COVID-19によって厳しい状況に置かれている方々に思いを馳せる日としたいと願っています。

国際女性の日の誕生から約1世紀が経ち、世界中の人々のたゆまぬ努力によって多くのEquality(平等)が実現されてきました。コロナ禍下でも多くの国で女性リーダーがその指導力を発揮する様子を目の当たりにし、また、2021年の初めにはアメリカでは初の女性副大統領が誕生しました。間違いなく、100年前と比べ世界は良い方向に向かっていると感じます。

一方で、真に平等な世界の実現のためには、課題はまだまだ山積みです。残念ながら、日本を含む世界の多くの国々では、女性に生まれただけで機会が限定されていたり、自由に生き方を選べなかったりということが、まだ多く存在しています。

リクルートグループが創業以来大切にしているビジョン・ミッション・バリューズの根幹にある基本理念は「一人ひとりが輝く豊かな世界の実現」です。シンプルに言えば、"Follow Your Heart"、 一人ひとりが自分に素直に、自分で決める、自分らしい人生を送れる世界。この世界の実現のために欠かせないのが、誰もが平等な機会を持てることです。

だからこそ、私たちはこれからも、ジェンダーを含むあらゆる属性に囚われることのない全ての人の平等が、未来のあたりまえになるように、みなさんとともに取り組み続けていきたいと思います。

リクルートホールディングス取締役
瀬名波 文野

続きを読む

瀬名波 文野
せなは あやの

取締役 兼 常務執行役員 兼 CSO, CHRO, CRO

2006年 当社入社。経営企画室を経て、2008年 HR領域にて大手企業の営業を担当。2012年ロンドンに赴任、2014年には買収直後の人材派遣会社Advantage Group LimitedのManaging Directorとして業績を大幅に改善。2015年 当社R&D事業開発室室長、2016年 当社人事統括室室長、2018年 当社執行役員、Indeed, Inc.のChief of Staffに就任。グループのグローバル化を牽引し、ビジネス戦略とリスクマネジメントをバランスさせるガバナンス体制の構築を推進。2020年より取締役常務執行役員経営企画本部(CSO)、人事・総務本部(CHRO)、リスクマネジメント本部(CRO)担当。

誰もが平等な機会を得られる
世界を目指して

リクルートグループ全体の男女比率

2020年4月時点

2020年、新型コロナウイルス感染拡大による影響で世界経済は大きな打撃を受け、大量の失業者を生み出しました。
中でも、世界的に女性への深刻な影響が表出しています。これは
・女性はサービス業、観光業、福祉業など対面での接触が多い業種で働いている割合が高いこと
・コロナ禍下で影響の大きかった非正規雇用者の中で、女性の割合が高いこと(出典:国際労働機関「The rising tide of non-standard employment」)
などいくつかの理由があると考えられます。例えばアメリカでは芸術・娯楽、日本では宿泊・飲食の分野など女性労働者の割合が高い産業で多くの失業者が出ています。(出典:労働政策研究・研修機構「新型コロナが雇用・就業・失業に与える影響」)

リクルートグループのミッションである、「まだ、ここにない、出会い。」。それは、埋もれていたり、溢れてしまっている「情報」を、それを必要とする人々のもとへ届け、社会の「不」(不満・不便・不安)を解消し、誰もが自分自身に最適な選択肢と出会える「機会」を提供することです。その重要性がこれまでになく高まっている今、困難な状況にある方々を支援し、属性にかかわらず、誰もが平等に機会を得られるように、ミッションの実現に向けて鋭意取り組んでいきます。

これまでもリクルートグループは、事業活動を通じて機会格差の解消に取り組んできました。日本では、男女雇用機会均等法が施行されるよりもずっと前に、女性の就職や転職に特化した求人メディア『とらばーゆ』を発刊したことや、時間的制約がある人たちでも働ける求人『時短JOB』・専門性の高い業種を切り出した『ZIP WORK』という新たな働き方を提供したことはそのうちのひとつです。

また自社のダイバーシティや賃金格差に関する調査報告書を公表し、自らが機会格差の解消を実践できているかを見つめ直す取り組みも各社で行っています。今日、世界60ヵ国以上で事業を展開するリクルートグループでは、管理職に占める女性の割合は40.2%で、従業員全体の男女比に近付きつつあります。(左記図表参照)とはいえそこにはまだ約10%の乖離があり、更なる進歩が必要です。

また、取締役会においては多様な国籍・バックグラウンドを持つ人材を招き、さまざまな視点を経営に取り入れるなど、多様性の確保を進めています。特にジェンダー観点での多様性が不足しているとの認識に基づき、2020年6月には女性取締役も誕生しました。

これからもさまざまな取り組みを実施し、より多様な選択肢を世界中に提供することで、ジェンダー平等の実現に貢献していきます。

続きを読む

取締役会における多様性

2020年6月末時点

国際女性デー2021特別セミナーを開催

リクルートホールディングスは、OECD東京センター長の村上由美子さんをお招きし、女性のエンパワーメントとリーダーシップの重要性についてのオンラインセミナーを開催しました。

STRATEGIC BUSINESS UNIT

HR Technology

Share your salary. Close the gap.

Indeedは、給与の不平等に関する実験的な調査を行いました。似た属性を持つ同職種の人々を比較し、興味深い結果を得ました。(英語のみ)

STRATEGIC BUSINESS UNIT

Media & Solutions

  • 国内

    D&I推進状況

    2006年からD&Iを推進してきた結果を、客観的データと共に公開しています。

  • 国内

    女性活躍・支援への取り組み

    日本国内のグループ会社横断で展開されているさまざまな施策をご紹介します。

STRATEGIC BUSINESS UNIT

Staffing