Menu

イノベーション創出

価値創造の源泉となる「人」を育てる

1960年に求人広告の出版社として創業し、新聞広告と人材領域に新たなビジネスモデルを導入して以降、リクルートグループは時代に即した事業展開を行い、社会に新しい価値を提供し続けることで成長してきました。

現在は、クライアント・ユーザー双方へのチャネルを活かし、双方の潜在ニーズを喚起すること、ベストマッチングの追求によりクライアント・ユーザー双方の最終満足度を高めること、そしてマーケットの「不」(不満、不便、不安)を解消することで社会への新しい機会を提供することがリクルートのビジネスモデルとなっています。

このビジネスモデルを支え、新しい価値=イノベーションを生み出す源泉となるのは、従業員一人ひとりの起業家精神と圧倒的な当事者意識だとリクルートグループは考えています。常に一人ひとりが社会と向き合い「あなたは、どうしたい?」と自ら問いかける企業文化があります。若いうちから意欲と提案次第で大きな仕事の機会が与えられるのがリクルートグループの特長の一つです。リクルートグループは、個の可能性に期待し合う「場」として、働く従業員の起業家精神、圧倒的な当事者意識を引き出すためのさまざまな機会を設けています。

新規事業提案制度「Ring」

Ringとは、リクルートグループにおいて開催されている新規事業コンテストの総称です。「新しい価値を創造する」というグループ経営理念を体現する場であり、従業員が自分の意思で新規事業を提案・実現できる貴重な機会です。1983年に『RING(Recruit Innovation Group)』としてスタートしたこの制度は、『ゼクシィ』『TOWN WORK』『HOT PEPPER』『R25』『受験サプリ』など数多くの事業を生み出してきました。分社化を契機として、リクルートグループ各社でも、新規事業開発コンテストをそれぞれで開催できる体制へと変更し、活性化を図っています。

  • iction
  • Be a DIVER!
  • 働き方変革プロジェクト
  • レポートダウンロード
  • 地方創生