Menu

サステナビリティマネジメント

サステナビリティマネジメントの全体像

リクルートグループでは「リクルートグループCSR方針」に基づき、グループ各社がCSR活動を実施しています。事業環境の変化やステークホルダーの期待などをいち早く認識し、独自性のあるCSR活動を実施するために、各社でCSR実務責任者、CSR実務担当者を任命しています。

リクルートホールディングスにはサステナビリティ推進室内にサステナビリティグループを設置し、各社のCSR実務責任者、担当者と共に推進しながら、グループ全体のCSR活動を統括しています。また、1年に2回、各社のCSR実務責任者、担当者が集まり、活動内容や推進方法の共有を行う「グループCSR推進会」を開催しています。

リクルートグループのステークホルダー

リクルートグループの事業活動は、様々なステークホルダーとの関係の中で行われています。我々はステークホルダーの皆様との継続的な対話を行いながら、社会に貢献していきたいと考えています。

リクルートグループは、ユーザー、クライアント、株主、従業員、取引先、NPO・NGO、国・行政、地域社会等の方々をステークホルダーとして捉えています。

国·行政、地域社会、NPO·NGO、カスタマー、クライアント、RECRUIT、株主、取引先、從業員

これらのステークホルダーとの対話の場も設けています。サステナビリティ委員会に社外の有識者をお招きする他、リクルートグループのCSR方針や事業へのご意見・期待についての個別ヒアリング、NPO中間支援団体を通じて様々な立場の方に参加いただくステークホルダーダイアログなどを実施しています。

サステナビリティ委員会

リクルートグループは、取締役会の諮問機関の一つとしてサステナビリティ委員会を設置しています。サステナビリティ委員会は重点テーマに基づく「現在の取り組み進捗」や「中長期的に行う活動内容、及びゴール、計画」に対し、社外有識者の皆様からリクルートグループ経営層・マネジメント層がアドバイスを頂く場です。

委員会の場では、社外有識者の皆様からアドバイスを頂き、ディスカッションを実施。「社会に必要とされる企業」であり続けるための気づきや学びを多く得ることができました。いただいたご意見は、今後の活動に反映していきます。

ステークホルダーダイアログ

リクルートグループは、社外有識者の方との対話を通じて、「ステークホルダーダイアログ」を開催しています。その目的は、自社にさらに必要な視点や新しい考え方を学び、視野を広げて更なる活動の進化につなげていくことです。

従業員へのCSR研修

新卒・中途入社社員、新任マネージャーに対して、定期的な「CSR研修」を実施しています。CSR研修の中では、リクルートグループのCSRとは何か、CSR方針の行動指針に掲げる「事業で社会に貢献する」に積極的に取り組む背景、実施中の取り組みの共有などを、映像とテキストを用いて行っています。従業員一人ひとりが社会の視点を持って、果たすべき責任や応えるべき期待を認識しながら日々の仕事を行うよう働きかけています。

CSR研修参加者の声(一部抜粋)

  • CSRを真剣にとらえることができたので、事業のアイディアを考える際に活かしたい。
  • 日々の仕事の中で、常に社会課題を意識できる土台ができた。
  • 社会の一員として、CSRに関してすべきことが数年前と大きく変わっている気がした。
  • 全社的に取り組みが進んでいるものの、まだまだ従業員には根付いていないと思う。

また、コンプライアンステストの中にもCSRに関する設問を設け、リクルートグループサステナビリティ方針の正しい理解や環境対応の推進を図っています。