Menu

HRテクノロジー

事業概況

世界No.1のオンライン求人情報専門検索サイト「Indeed」、グローバルでサービス拡大を目指す

商品説明
60か国以上・28言語でサービスを展開する世界No.1のオンライン求人情報専門検索サイト*1

2012年に子会社化したIndeedは、2億人以上の月間ユニークビジター数を有する*2、世界No.1の求人サイトを自ら運営しています。
アグリゲート技術と独自の検索アルゴリズムにより、多数の企業WEBサイト、ジョブボードの求人情報、人材派遣会社のWEBサイトなどから、求職者に合った仕事を検索結果として提供する求人プラットフォームにより、シンプルな求人検索体験を数多くのユーザーに提供しています。 また、求人企業には、「Indeed」上にダイレクトに求人情報を掲載できるプラットフォームを提供しており、世界中の多種多様な業種・事業者に活用されています。クライアントは、成果報酬広告型で求職者情報を効率的に収集することや、1.2億を超える履歴書を閲覧することができます。したがい、Indeedはあらゆる規模のクライアントの採用活動をサポートし、ユーザーに対してはより良い職探しの機会を提供しています。

ビジネスモデル

Indeedは求職者が「Indeed」を通じて仕事を探し、人材採用ニーズのあるさまざまな企業が求人広告を掲載する場を運営しています。Indeedの検索エンジンにより、ユーザーである求職者は世界中のWEBサイトから集められた、あるいは「Indeed」上にダイレクトに投稿された求人情報に自由にアクセスすることができます。一方で、クライアントは業界や場所を問わず求職活動中の膨大なユーザー情報へアクセスすることができます。Indeedの主なビジネスモデルはクリック連動型です。クライアントは求人情報の閲覧数が増えるよう有料広告を出稿し、費用をユーザーのクリック数に応じて負担すればよく、Indeedはクライアントに対してコスト面で効率的なサービスを提供しています。

市場環境
引き続き成長が見込める米国オンライン求人メディア市場

現在、主にマネタイズを行っている米国のオンライン求人メディア市場は、GDP成長率と概ね連動しています。また、同市場は景気拡大のトレンドに合わせて成長するとみています。

事業概況
収益成長は好調で、2018年3月期の売上収益は前年同期比約64.7%増

Indeedはここ数年、高い成長率を維持しており、今日では世界No.1の求人サイトとなっています。
2018年3月期は、好調な経済環境及び雇用市場を背景に、新規クライアントの獲得及び既存クライアントによる「Indeed」のサービス利用が拡大し、売上収益は前年同期比64.7%増の2,185億円となりました。米ドルベースの2018年3月期の売上収益は、前年同期比60.7%増の約19億7,600万米ドル*3となり、2019年3月期の売上収益の目標を、2016年3月期の3倍成長となる20億米ドル*3以上としていましたが、1年前倒しでその水準をほぼ達成しました。

今後の戦略
求人広告領域でグローバルでの更なる拡大を進めるとともに、人事採用プロセスをより効率化させる新しく革新的な仕組みを創り将来の成長を加速させる

Indeedは求人広告領域の先駆者として、求人検索プロセスを圧倒的に簡略化するアグリゲート技術と検索エンジン機能を確立し、求職者と求人企業のより良いマッチングの機会を生み出した結果、今日では13か国でNo.1のユニークビジター数を有するなど、世界No.1の求人サイトとなっています*4
Indeedの主力事業であるオンライン求人広告の市場規模はグローバルで110~130億米ドル程度と推定しており、中期的に成長の余地が非常に大きいと考えています。今後も、ブランド認知度の向上や、ユーザー及びクライアントの獲得のために行っている営業体制の強化及び広告宣伝活動への投資を継続し、米国において既存の求人広告ビジネスを拡大していきます。そして、収益化が見込める米国以外の地域でもプレゼンスを高めることを目指します。
また、人事採用プロセスをより効率化させる新しく革新的な仕組みを創るため、R&D投資やM&Aを行い、将来の成長を加速させていきます。

GlassdoorのM&Aを通じ、HRテクノロジー事業の可能性を更に広げる

これらの成長戦略にのっとり、当社は2018年6月に米国のGlassdoor, Inc. ("Glassdoor")を子会社化しました。Glassdoorは、オンライン求人サービス領域において最大級の規模と成長率を有する世界有数のサイトを運営しています。190以上の国と地域、77万社以上の企業*5に関して、Glassdoorにユーザーから直接提供された4,000万件以上の企業*5に対するレビューや給与情報などのオンラインデータベースを保有し、求人企業の透明性を高めたことで知られています。その情報は、求人企業のレビュー(口コミ)やCEO評価、給与情報、採用面接時の質問内容、オフィス写真に至るまで、非常に多岐にわたります。
Glassdoorの企業に関する情報と、Indeedの求人検索技術の融合により、HRテクノロジー事業としてユーザーにはより良い求職活動の機会を、求人企業に対してはより良い採用結果を提供することが可能になります。
GlassdoorはHRテクノロジー事業傘下の事業会社として運営され、IndeedとGlassdoorは徐々に採用プロセスにおける更なる効率化を目指して協働していきます。

*1 comScore, Total Visits, 2018
*2 Google Analytics, Unique Visitors
*3 いずれもIndeedの現地決算数値であり、当社連結決算に含まれる数値とは異なります。
*4 2018年4月発表のcomScoreのUnique Visitors、Similar WebのTotal Visits、MediametrieのUnique Visitorsなどに基づく。
*5 Glassdoor情報に基づく

米国GDP(実質)[10億米ドル]

出所:International Monetary Fund, "World Economic Outlook Database"

売上収益推移 [億円]

*日本基準

3つの事業セグメント