Menu

メディア&ソリューション

中期戦略

売上収益 (十億円)

2018年3月期 679.9 2017年3月期 658.2

EBITDA (十億円)

2018年3月期 156.1 2017年3月期 151.1

対象クライアント業界の拡大を図るとともに、クライアントに対する業務支援サービスの拡充によって事業基盤をさらに強化していきます。また、新規事業開発などへの投資を含めても、引き続き高いEBITDAマージンを維持しながら、売上収益の安定成長を目指します。
収益成長の基礎であるユーザーとクライアントのマッチングトランザクション総量の拡大に向け、クライアントから提供される、受付時間枠や座席の予約状況など、ユーザーのアクションに必要な在庫の量と質を効率的に最大化していきます。
こうした中期戦略の迅速かつスムーズな実行に向けて、2018年4月よりメディア&ソリューション事業は、株式会社リクルートを統括会社とする事業体制に移行しました。

対象クライアント業界と提供サービスの拡大

TOPICS:周辺領域での多彩なサービス

リクナビ HRTech 転職スカウト

中途採用向けスカウトツール「リクナビHRTech転職スカウト」は、クライアント企業が求人募集の際、当社が持つ候補者データベースにアクセスして、AIが抽出した最適な候補者に対し、スカウトできる業務支援サービスです。これまでの採用担当者の業務をSaaSで半自動化することにより、「最も業務負荷が少なく紹介精度も高い」環境の実現を目指しています。

新規クライアント拡大に向けた施策では、「Airレジ」を先行して投入した上で、飲食店の座席予約情報を管理する「レストランボード」をリリースし、リアルタイムの空席情報を「HotPepperグルメ」に提供しています。オプション機能として、ユーザーへのメッセージ配信やホームページ作成といった業務支援サービスを、「業務サポートパック」(有料課金型SaaS)としてクライアント企業に提供しています。競合他社に先駆けて、予約サービス及び業務支援サービスを投入した結果、予約数でも競合他社を大きく上回っており、ネット即時予約サービス利用店舗数は、2018年3月末で約46,000店舗、ネット予約人数は、7,121万人となっています。

Airペイ

決済サービス「Airペイ」は、iPadまたはiPhoneに専用アプリをダウンロードして利用できるサービスです。「Airレジ」や「SALONBOARD」、「レストランボード」などを通じ、カード決済導入率がまだ低いとされる小規模店舗を開拓しながら、「Airペイ」によってユーザーの決済の利便性を高めることで、収益機会を獲得していきたいと考えています。

Partners

経営支援サービス「Partners」として、ビッグデータ解析とAIを活用した金融サービスを提供しています。当社サービスの取引数とその傾向、口コミなどの膨大なデータから、将来の収益性を予測した貸付限度額の設定ができる点が特徴です。現在は、旅行・飲食・美容クライアント企業の一部に限定してサービスを提供していますが、今後は対象業種を拡大することや、多角的な業務支援サービスの展開も予定しています。

3つの事業セグメント