Menu

ガバナンス

事業継続に不可欠な経営基盤の強化による社会への価値提供を目指して、リクルートグループでは体制を整え、目標をもって活動に取り組んでいます。

  • コーポレート・ガバナンス

    社会や市場、顧客のニーズの変化を察知し、アカウンタビリティの更なる向上、より良いガバナンスの実現を目指し、たくさんの監視の目で自分を律しています。

  • 内部統制

    リクルートグループは、会社法および会社法施行規則ならびに金融商品取引法に基づき、リクルートグループ全体の業務の適正を確保するための体制を構築しています。

  • コンプライアンス

    「基準の整備」「浸透定着」「モニタリング・監査」の3つの柱に基づき、コンプライアンス強化の推進を実施しています。

  • リスクマネジメント

    リスクマネジメントの基本方針および推進体制に関する基本的事項を定め、事業を取り巻く様々なリスクに対して的確な管理および対応を実施しています。

  • 知的財産の保護

    倫理綱領で知的財産の保護を定め、これに基づき、著作権、商標法、特許法、産業財産権への理解を促しています。

  • 情報セキュリティ

    情報管理の体制や教育、個人情報の取り扱いなど、情報セキュリティ強化を、グループ会社全体で取り組んでいきます。

  • 経営理念ができるまで(リクルート事件~経営理念の制定)

  • 倫理綱領

  • 税務ポリシー