Menu

コンプライアンス

コンプライアンスの考え方

リクルートグループでは、コンプライアンスを「法令遵守の枠をこえ、企業.個人が適正な行動を行うことで社会的な期待・要請にこたえていくこと」と位置づけています。

1990年4月に「株式会社リクルート倫理綱領」を制定、経営体制変更後の2012年9月に「リクルートグループ倫理綱領」を定めたほか、各種社内規定を制定し、企業活動を営む上で自らを律する指針とし続けています。

倫理綱領

推進の体制・仕組み

各グループ会社の内部統制推進部署が、各社のコンプライアンス教育・浸透を行っています。

また、リクルートホールディングスの内部統制推進部署が、グループ会社の内部統制推進部署と連携の上、グループ全体の内部統制の整備状況及び問題点を把握し、グループ全体のコンプライアンス教育・浸透を行っています。

相談窓口の設置

リクルートグループの従業員・派遣社員、常駐するパートナーが、仕事や職場に関して、自分自身が「不当に扱われている」と感じたとき、また第三者として「不正や不当なことが起こっている」、「その予兆がある」というときに、通報・相談ができる窓口を設置しています。

グループ内窓口への通報・相談に抵抗がある場合に配慮し、外部の窓口も設けています。

窓口 詳細
各社(通報窓口・ハラスメント相談窓口) 各々のグループ会社の従業員からの通報窓口・相談窓口各社に設置
リクルートホールディングス
(企業倫理ヘルプライン・セクハラ相談窓口)
グループの全従業員・派遣社員、常駐するパートナーからの相談窓口として、リクルートホールディングスのコンプライアンス室に設置
社外ヘルプライン グループ内窓口への通報・相談に抵抗があるグループの全従業員・派遣社員、常駐するパートナーからの相談窓口として社外に設置。
社外の第三者の相談員が対応

入社・契約時に相談窓口の連絡先を記した名刺サイズのカードを配布し、携帯を呼びかけています。

名刺サイズのカード

相談窓口の運営にあたっては、「リクルートグループコンプライアンス規程」を遵守し、関係する個人のプライバシーを十分に尊重しています。

相談内容は、相談者本人の同意がない限り、社内外を問わず一切共有・公開しません。また、相談によって社内で不利益を被ることは一切ないことを保証しています。

また、窓口の利用対象を非常勤の取引先(パートナー)にも拡充しております(お問い合わせページ

人権の尊重

従業員へのコンプライアンス教育

「リクルートグループ倫理綱領」にのっとった教育の実施を、グループの全ての従業員に対して実施することを方針として掲げています。グループ各社の業務に合わせて、必要に応じたコンプライアンス教育も各社で実施しています。

コンプライアンスに関する活動詳細

贈収賄の未然防止

リクルートグループでは、社会的および倫理的責任を考慮し、「リクルートグループコンプライアンス規程」を定めています。政治家・公務員等と適正な関係を保つことで贈収賄を未然に防ぐことを目指します。この規程は、外国公務員にも適用されます。

インサイダー取引の禁止

リクルートグループでは、グループおよびグループの全ての役職員を対象とした「リクルートグループインサイダー取引防止規程」を定め、インサイダー取引を行うことを未然に防止するとともに、役職員としての社会的および倫理的責任を規定し、当グループの信用を確保することに努めています。