Menu

リスクマネジメント

リスクマネジメントの考え方

リクルートグループにおけるリスクマネジメントの基本方針および推進体制に関する基本的事項を定め、事業を取り巻く様々なリスクに対して的確な管理および対応の実施をできることを目的に、「リクルートグループリスクマネジメント規程」を策定しています。

推進の体制・仕組み

各グループ会社が、各社のリスクマネジメントを推進しています。

具体的には、各SBU統括会社が、自SBUにおける特に注視すべき重要なリスクを決定し、リスク低減策を推進しています。また、事件/事故発生の際には、各SBU統括会社が中心となり、適切な対応を行っています。

グループ全体としては、リクルートホールディングスのリスク統括所管部署が、各SBU統括会社と連携の上、グループ全体のリスクマネジメントを推進しています。

具体的には、全体において特に注視すべき重要なリスク(Top Risks)を決定し、リスク低減策を推進しています。また、グループ各社での事件/事故発生の際には、必要に応じてリクル-トホールディングスの専門部署、外部の専門家によるサポート行っています。なお、グループに大きく影響する事案の場合は、グループ危機対策本部を立ち上げ、リクルートホールディングス主導で対応します。

コーポレートガバナンス

リスクマネジメント委員会

リスクマネジメント委員会は、リクルートホールディンス取締役会の諮問機関として、リクルートグループを取り巻くリスクについての審議、Topリスクやその低減策の取締役会への起案や、対策のモニタリングを行います。

リスクマネジメント委員会は、リクルートホールディングスのリスク統括所轄部署担当取締役が委員長を務め、当社のコーポレート機能を担当する執行役員などが委員として参加します。

発生リスクへの対応

エスカレーションルール

重大案件を迅速に報告および情報共有を行うことを目的に、「リクルートグループエスカレーションルール」を定めています。業務遂行に重大な影響を及ぼす事項を起こした、または発見した、もしくは発生の可能性を認識した場合の報告、対応の仕組みを各SBU統括会社が整備し、従業員に周知しています。

グループ危機管理対策本部

複数のSBUに影響がある、または事業運営に甚大な影響があり、各SBU単独では対応できない重大案件に対しては、リクルートホールディングスの代表取締役社長を本部長とするグループ危機管理対策本部を設置し、対策検討と指示を行います。