Menu

価値創造モデルの
根幹を支える従業員の意志

この内容は2018年統合報告(2018年10月発行)掲載時点のものです。

バリューズ(大切にする価値観)

新しい価値の創造/ WOW THE WORLD

世界中があっと驚く未来のあたりまえを創りたい。 遊び心を忘れずに、常識を疑うことから始めればいい。 良質な失敗から学び、徹底的にこだわり、変わり続けることを楽しもう。

個の尊重/ BET ON PASSION

すべては好奇心から始まる。一人ひとりの好奇心が、抑えられない情熱を生み、その違いが価値を創る。 すべての偉業は、個人の突拍子もないアイディアと、データや事実が結び付いたときに始まるのだ。 私たちは、情熱に投資する。

社会への貢献/ PRIORITIZE SOCIAL VALUE

私たちは、すべての企業活動を通じて、持続可能で豊かな社会に貢献する。 一人ひとりが当事者として、社会の不に向き合い、より良い未来に向けて行動しよう。

大切にしている3つの価値観

なぜ、リクルートグループは変革し続けられるのか。その背景には、企業の根幹として大切にしている価値観があります。

1つ目は「WOW THE WORLD ― 新しい価値の創造」です。事業環境の激しい変化に対応し、何が本質的に提供したい価値なのかを追求しながら新たな領域に参入したり、既存サービスを進化させ続けなければなりません。グローバルな視野で、世界をあっと驚かせるサービスを生み出し、それが当たり前の世の中となるようにしていきたい。そのために、失敗をも次の挑戦に活かしながら、我々自身も変化し続けることを楽しむ、そんな思いを込めています。

そして、2つ目の大切にしている価値観は「BET ON PASSION ― 個の尊重」で、人こそが強みだという思いが込められており、最もリクルートグループらしさを表している価値観ともいえます。未来を変えるアイデアは常に「人」から生まれます。新しい挑戦をしたいというスタンスを尊重し、「あなたは、どうしたい?」を常に問いかけながら、ユーザーとクライアントのために何を解決したいのかを追求し、内発的な動機を焚きつける仕組みや制度を整え、この企業文化が風化しないように進化し続けています。

3つ目の価値観が「PRIORITIZE SOCIAL VALUE ― 社会への貢献」です。リクルートグループは、情報格差を小さくし市場を開放してきました。そしてさまざまな業界で情報集約をし、ユーザーとクライアントを結びつけ社会に貢献してきました。私たちは、事業そのもので本質的な価値を社会に生み出しているかにこだわっています。

入澤 諒さん
(株式会社リクルートライフスタイル)
「男性の妊活ハードルを下げるスマホ精子チェックサービス『Seem』の開発に携わっています。この会社は『こういうことがやりたい』と自分から言うことを求められますし、自分で考える機会が圧倒的に多い。世の中にまだない商品を一から考えるのは大変でしたが、このサービスで人を救いたいという強い思いが開発の原動力となっています。」

入澤 諒さん

桜井 まり恵さん
(株式会社リクルートマーケティングパートナーズ)
「婚活サービスである『ゼクシィ縁結び(ネットサービス)』、『ゼクシィ縁結びカウンター』、『ゼクシィ縁結びパーティー』の3つをプロジェクトリーダーとして事業検討からわずか1年で一気に立ち上げました。そのスピード感の背景には、リクルートにしかできないやり方で、婚活事業に新しい価値を届け、ムーブメントを起こそうという意志があったと思います。」

桜井 まり恵さん

Matthew Dugganさん
(Indeed Japan)
「私のチームは求人応募のプロセスをより良くするための開発や新しいコンセプトのテストを実施し、日々サービスの改善を行っています。Indeedに参画した際に、データからの発想とミッション実現のための情熱という風土が、非常にユニークだと感じました。そのような共通の価値観のもとで働く私たちは、世界中の何百万という人々の求職活動ひいては人生をより良くしていくことに貢献しています。」

Matthew Dugganさん

全地域の従業員がリーダーシップを発揮

リクルートグループには、バリューズを実現するためのさまざまな仕組みや仕掛けがあり、それが独自の企業風土を維持し、イノベーションを生み出す源泉となっています。その1つが、HRテクノロジ事業におけるIndeedの「Indeedコミットメント」と呼ばれるリーダーシップ会議です。Indeedの世界中全地域の従業員がリーダーシップ会議を通じて、情報を発信し得られる仕組みがあります。グローバルイニシアチブ目標、ビジネス戦略についてのオープンで誠実な議論を意識して、世界中の従業員と定期的にリーダーシップ会議を開催しています。

「KEEP YOU WEIRD」
圧倒的な多様性が、圧倒的な共創に火をつけ未来をつくる

メディア&ソリューション事業では、採用段階から個を尊重した集団形成を意識しており、壁は不要だと考えています。そのため、すべての人がすべての機会に挑戦できるよう、日本では一定の時期のみの採用が多いなか、通年エントリーを開始。また、採用とインターンシップ年齢を拡大し制約を少なくしました。これにより多様性を受け入れて、その多様性を活かすことで、世界をあっと驚かせ変わり続ける集団になることができると信じています。それぞれのバリューズを発揮する場としては、1982年より開始し時代によって変化し続けている、新規事業提案の場Ring (Recruit are innovating、旧New RING)があります。従業員なら誰でも自由に参加でき、「カーセンサー」、「ゼクシィ」、「スタディサプリ」など数多くの事業を生み出してきました。また、グループ横断で、最も優れた最新ナレッジを共有する場もあり、それぞれが自分の仕事にどう活かすかを考えるきっかけとなります。従業員は「あなたは、どうしたい?」を常に問われ続け、これが新たなイノベーターの誕生につながります。採用及び価値創造の源泉である「人」を成長させる仕組みが生き続けていることが、強みなのです。

働く喜び

人材派遣事業では、仕事に満足しているか?何か他の新しいことを始めるべきではないか?という問いかけを、全員が集まる場などで常にしており、それは社員だけでなく登録している派遣社員への意識づけでもあります。また、「個の尊重」ともいえる多様性を重視し、例えばクライアント企業のダイバーシティに貢献できるような採用活動支援も行っています。

JobSpotter

Indeedにて世界中の新卒社員を集めて新商品を立ち上げる経験をさせるのがIndeed Universityです。オフライン求人情報をアップロードする「Job Spotter」が生まれました。(Indeed /米国、英国など)
事例紹介

FORUM

取り組んだ良い仕事をシェアする一大イベントがFORUM。新規性と汎用性が高い最新の取り組みを選び抜き、本人によるプレゼンテーションなどを通じ、グループ内に周知します。(国内リクルートグループ)

GLOBA

世界の有名ビジネススクール教授やシリコンバレーで活躍する投資家などのグローバルプレイヤーから知見を学ぶ社内向けセミナーGLOBAを開催しています。(国内リクルートグループ)

リクルートホールディングス

リクルートホールディングスへの入社・異動者を対象にした研修では、大切にしている価値観を経営陣自らが伝える場として、経営陣それぞれの意志が共有され、積極的なディスカッションが行われます。(リクルートホールディングス)