Menu

編集方針

リクルートグループは、経営方針や事業戦略に加え、中長期の価値創造について株主・投資家をはじめとするステークホルダーのみなさまに理解していただくために、2017年3月期より「アニュアルレポート」と「CSRレポート」を1冊に統合した「統合報告書」を発行しています。

本レポートでは、従来の財務情報や経営戦略に加え、非財務情報のさらなる充実を図るとともに、写真や図表を豊富に用いて、できる限り視覚的に内容が理解できるように心掛けました。表紙や扉ページなどには、リクルートホルディングスが運営しているギャラリー「ガーディアン・ガーデン」*1で毎年開催している公募展の受賞アーティストの中から、「未来に向かう眼差しとエネルギー」をテーマに選んだ4作品を掲載しています。ご一読いただければ幸いです。

また、リクールトグループの財務・非財務に関する詳しい情報については当社WEBサイトをご覧ください。
最新のIR情報 https://recruit-holdings.co.jp/ir/
サステナビリティに関する情報 https://recruit-holdings.co.jp/sustainability/
統合報告オンラインコンテンツ https://recruit-holdings.co.jp/who/reports/
ガーディアン・ガーデン http://rcc.recruit.co.jp/gg/

*1「ガーディアン・ガーデン」:リクルートホールディングスでは社会貢献活動の一環として、東京都の銀座に2つのギャラリーを運営しています。その1つの「ガーディアン・ガーデン」では、公募展を通してこれからの活動が期待できる若いクリエイターの活動を応援しています。

将来見通しに対する注意事項

本レポートの作成にあたり、当社は当社が入手可能な情報の正確性や完全性に依拠し、前提としていますが、その正確性あるいは完全性について、何ら表明及び保証するものではありません。また、将来に関する記述が含まれている場合がありますが、実際の業績はさまざまなリスクや不確定要素に左右され、将来に関する記述に明示または黙示された予想とは大幅に異なる場合があります。したがって、将来予想に関する記述に全面的に依拠することのないようご注意ください。本レポート及びその記載内容について、当社の書面による事前の同意なしに、第三者が、その他の目的で公開または利用することはできません。

報告対象期間
2018年3月期(2017年4月1日〜2018年3月31日)を対象としています。ただし、必要に応じて当期間の前後についても言及しています。

参照ガイドライン

  • 国際統合報告評議会(IIRC)「国際統合報告フレームワーク」
  • グローバル・レポーティング・イニシアチブ(GRI)
    「サステナビリティ・レポーティング・ガイドライン(第4版[G4])」