Menu
人材派遣SBU

ロブ・ザンドベルヘン:人材派遣SBU長メッセージ FY2021

株式会社リクルートホールディングス 常務執行役員 人材派遣事業担当 Rob Zandbergen

Rob Zandbergen

常務執行役員 人材派遣事業担当 兼 RGF Staffing B.V. CEO

私たちは、多種多様な人々に仕事を提供し、仕事を通じて人生を豊かにする機会を提供しています。多くの人にとってより良い人生を送るために仕事を持つことはもちろん重要ですが、その前提に健康と幸福があることは言うまでもありません。コロナ禍で、私たちはこの2つをこれまで以上に重視し、向き合うようになりました。

このコロナ禍において、多くの人々が失業や雇用不安を経験しました。そして私たちは、失業してしまった人々にできるだけ速く新しい仕事を提供することに重点を置いてきました。まず優先されるべきは、衣食住を支えるための仕事の機会を提供することです。しかし、私たちの提供すべき価値を、単なる仕事探しの手伝いに留めるつもりはありません。さらにその先を目指し、人々が活躍し、良いキャリアを築き、人生を豊かなものにするための支援をしていきたいと考えています。

例えば、RGF Staffing the Netherlands*では、オランダ公衆衛生局が全国各地で運営する新型コロナウイルス予防接種会場に対して、これまでに10,000人以上を派遣しました。その中には、コロナ禍で職を失った飲食業や旅行業の方々も含まれます。私たちは、各々の専門知識を活かし、かつトレーニングを受け、ウイルスと戦う社会に貢献しようとする人々を、全力でサポートしてきました。

* USG People the Netherlandsから改名

日本では、スタッフサービスが、外国人派遣スタッフをより細やかにサポートできるよう、英語、ポルトガル語のチャットボットを導入しました。コロナ禍で刻々と変化する就業規則にどう対応したらよいのか、相談したくてもできないスタッフが大勢いました。この新しいチャットボットによって、オンラインで簡単に必要な情報にアクセスできるようになり、外国人派遣スタッフは自分たちの仕事に集中できるようになったのです。

これらコロナ禍関連のサービスに加えて、私たちは地域社会全体に貢献する活動にも積極的に取り組んでいます。昨年は、マイノリティグループへのメンタリングプログラムの提供、LGBTQ+チャリティへの募金、各地域の学校へのキャリア形成支援活動など、幅広い活動を行いました。

RGF Staffingでは、ダイバーシティ、エクイティ、インクルージョン(DEI)を重視しています。社内では各国の役員を集めたワークショップの開催や、従業員主導のワーキンググループを通じてDEIを促進しています。世界各地のグループ企業では月例のラウンドテーブルが開催され、人材派遣SBU内の良い事例やアイデアを共有し、DEI目標の実現のために、役員と従業員が一致団結して議論を進めている状況です。こうした活動は、今後もさらに加速させていきます。

私は、人材派遣SBUの従業員が、一人でも多くの人が快適な生活を送るための仕事を得るために、日々情熱を持って仕事に取り組んでいることに誇りを持っています。コロナ禍でのさまざまなチャレンジによって、私たちは、これまで以上の創造性と思いやりを持って、考え、働き、協働できる集団になったと感じています。

しかし、私たちにはまだまだやるべきことがたくさんあります。特に足元では、仕事の確保すら困難なケースが現実にあります。自分に合った仕事を見つけるのに苦労し続けている人々がいることを忘れる日はありません。だからこそ、私たちは自分たちの責任を真摯に受け止め、一人でも多くの人が健康で幸福な生活を送れるような仕事に結びつけていきたいと思います。