Menu
リクルートホールディングス

サステナビリティ — リクルートホールディングスの事例

就労支援/若者支援/職業観醸成

「iction!(イクション)カムバ!」

子育てと仕事の両立を考えている女性の両立支援準備をサポートする無料サービス。妊娠週別のアドバイスや先輩ワーキングマザーの体験談、タスクリストなどのコンテンツを提供しており、2017年3月末現在で累計20万人が利用。2016年12月には妊婦を部下に持つ上司向けのマネジメントサポートサービスもスタート。

「ホンキの就職」/「WORKFIT」

2011年より人材事業の知見を活かした無料の若者向け就職応援プログラムを実施。グループワーク中心の実践型「4Daysグループワーク」と、自己PRと面接に特化した1日集中型「1Dayセミナー」を実施。

Topics

2016年2月に無料の就職応援プログラム「ホンキの就職」、「WORKFIT」をベトナムのUEF(University of Economics and Finance)にて、10月にはタイの国立キングモンクット工科大学にて開催しました。面接練習などを中心としたプログラムには、就職活動を控える学生(ベトナム:47人、タイ:約180人)が参加。日本では毎年約4,000人への提供に加え、少年院を出院する若者たちにも無料提供し、自立の後押しを目指しています。これらのプログラムの特徴は全て「自己効力感を高め、企業の求める人材ニーズとマッチングさせていく」ことができる点です。2011年のプログラム開始時からの累計では約2.3万人が受講しました。今後も各地域で、若者が求職活動に自信を持てるよう就労支援を継続していきます。

ワークフィット:01
ワークフィット:02
ワークフィット:03
2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
プログラム受講者数 合計 4,173人 4,696人 3,994人
学校開催 1,371人 1,371人 1,893人
NPO開催 865人 1,194人 1,541人
自社開催 1,927人 2,131人 560人
提携団体数 学校 52大学 61大学 82大学
NPO 54拠点 70拠点 74拠点

江副記念財団

江副記念財団は、当社創業10周年の際に「社会への貢献」を目的に検討され、「リーダーシップのある人・向学心旺盛な人・将来何かやりそうな人」を応援するために1971年に設立。以来、累計622名に対して奨学金の給付などの活動を行い、近年は音楽、芸術、スポーツの分野において世界で活躍する若者を応援。2016年度は器楽部門において13名、スポーツ部門において15名、現代アート部門において3名、学術部門において13名の奨学生を対象としている。また、設立45周年を記念して、「江副記念財団45周年記念コンサート」を2016年9月8日にサントリーホールにて開催。器楽・声楽部門の卒業生5名、現役奨学生4名が出演。

「タウンワークトライワーク」

中学校の総合学習の時間で実施されている「職場体験」学習の前2コマ、後ろ1コマに、担任の先生が各クラスで活用できる無料プログラムをオンライン配信。リクルートジョブズの求人メディア「タウンワーク」を教材として、職場体験前の授業では働く人の様子を見て取材する方法を学び、職場体験後には「働く人の仕事への想い」を中心に原稿にまとめる。生徒の作った原稿は「タウンワーク中学生編集版」として地域に配布。

ダイバーシティ/ワークライフバランス/働き方変革

事業所内保育園「And's(アンズ)」

特に首都圏で顕著な「保育園不足問題」を踏まえ、出産後も働き続けたい従業員が安心して職場復帰できるよう、2008年1月に本社であるグラントウキョウサウスタワー内に事業所内保育園「And's」を開設。設置後は育児休職者の復職率が向上し、女性社員に占めるワーキングマザー率も増加。2017年4月時点では女性社員の22.7%、約5人に1人がワーキングマザーに。また、フレキシブルな育児支援のニーズに対応するため、ベビーシッターの法人契約も実施し、従業員に対し入会金の免除などの支援を行う。

従業員ダイバーシティ浸透度調査

リクルートホールディングスでは、日本におけるグループ11社において、従業員を対象にダイバーシティの浸透度をモニタリングする調査を毎年実施しています。回答数は約1.2万人、回答率は83%。これにより適切な課題把握が可能となり、横断施策の実施につながります。男性の育児と仕事の両立支援などもここから生まれた施策です。

アワード受賞

日本パートナーシップ大賞

社会にインパクトを与えた特色ある企業とNPOの協働事業を表彰する日本パートナーシップ大賞において、無料の若者向け就職応援プログラム「ホンキの就職」が「若者サポート賞」を2017年3月に受賞。仕事を探す若者が集まるNPOのサポートステーションにリクルートホールディングスが支援コンテンツを提供するというコラボレーションを評価。

J-Winダイバーシティ・アワード

企業におけるダイバーシティ&インクルージョンを加速することを目的として、それに取り組む先進企業を表彰する「J-Winダイバーシティ・アワード」において、3回目となる「企業賞アドバンス部門大賞」を2017年3月に受賞。女性活躍推進や働き方の変革などへの取り組みに加え、ジェンダーのみにとどまらない多様性への施策展開などが評価。

環境保全

オーストラリアでの植林

「紙媒体を扱う企業として木を消費するだけでなく、自分たちでも育てて貢献する」という思いから、オーストラリアに現地法人を設立。

地域貢献/寄付

地方創生プロジェクト

人口急減・超高齢化という日本の地域課題に向き合う。2016年度は高知県と業務連携協力協定を締結、地方創生をテーマとした新規事業開発プログラム「RECRUIT VENTURES (リクルートベンチャーズ)」を実施。グループの全従業員から新規事業案を募り、高知県でのフィールドワーク、ワークショップなどで検討を重ね、地域の課題を解決できる事業創出を目指す。

ギャラリー運営

地域の活性化、若手アーティスト支援を目的とし、創業エリアである東京・銀座に2つのグラフィックデザインや写真を主軸にしたギャラリーを運営。チャリティー展も毎年実施。