Menu
サステナビリティ

USG People、"Great Place to Work" Award (働きがいのある会社ランキング[多国籍部門])に入賞

USG Peopleは2018年、Great Place to Workが発表したヨーロッパ地域における「働きがいのある会社」 ランキングの多国籍企業部門で第13位*に選ばれました。このランキングは、同地域最大規模の調査に基づき毎年発表されるもので、今年は2,800社が参加、参加企業の従業員数は合計で160万人にも上ります。

ランキングは、参加企業の従業員を対象としたアンケートの回答結果と、人事ポリシーや企業文化に関する詳細な分析を経て決まります。その結果、USG Peopleは、経営陣が従業員に信頼され、従業員が自分の仕事を誇りに感じ、お互いが同僚として共に働くことを楽しんでいると評価されました。

左上から時計回り:Great Place to Workを受賞したSecretary Plusのメンバー、Secretary Plusでのヨガセッション、Linda Capelle(Secretary Plusのゼネラル・マネジャー)、Secretary Plusでのカラースロー、Dirk Veerman(元USG Peopleで現Recruit Global Staffing人事担当ディレクター)

なぜ、USG Peopleの職場は魅力的なのか?

Recruit Global Staffing(前USG People)の人事担当ディレクターであるDirk Veermanは、USG Peopleが従業員にとって魅力的な職場である理由を次のように説明しています。

「私たちは組織の多様性こそが、企業としての大きな競争力の源泉だと考えています。USG Peopleは、各地で働く従業員にとって魅力的な職場であると同時に、その枠組みにとらわれず、人として有機的につながり、共通の目的に向かって学び合えるような"ネットワーク"でもあると捉えています。USG Peopleの各社は、力強いグローバルグループの一員としてのメリットを生かしながら、独自の企業文化や誇りを維持し続けています。個人、そして各国の拠点だけでは成し遂げることが難しい、よりチャレンジングな目標を掲げるグローバルな組織に属していることも、働く人たちのモチベーションになっていると私たちは信じています。

USG Peopleでは、従業員の誰もがより良い職場環境を作ろうと日々ベストを尽くし、楽しんでいます。彼らにとって仕事とは単なる作業ではなく、それ自体が特別な意味を持ち、日々の成長を実感できるものなのです。仕事の目的や本質を追求することが、従業員にとって大きな魅力になっていると言えるでしょう。」

意欲を引き出す組織作りをグループ全体で支援

USG Peopleの各社が好調な業績を挙げている理由。それは、各々が自立して、独自に意思決定する権限が与えられていること ―各社の人事ポリシーや企業文化を分析した結果、このことが明らかになっています。

中でも、ベルギーを拠点に人材サービス事業を展開する「Secretary Plus」は、「働きがいのある会社」ランキングに3年連続で選出。昨年は、従業員の健康に配慮し、優れた福利厚生や人事制度を有する企業に贈られる「Healthy Workingアワード(健康的な職場環境賞)」も受賞しています。

この受賞の背景には、Secretary Plusが昨年、従業員のメンタル・からだ、双方の健康に焦点を当てて実施してきた、「健康な心と体」というキャンペーンの存在があります。

ヨガクラスとクリーンな食生活について考えるセッションから始まった本キャンペーン。その後、年間を通してリラクゼーションやマインドフルネスコースなどを実施してきました。

人間工学の観点からも職場環境の改善を図り、スクリーンをより大きなサイズに変更したり、e-ラーニング用のヘッドセットを設置したりするほか、軽食コーナーには健康的なスナックなどを並べるようにしました。こうした取り組みは、組織文化にも好影響を与えます。ゼネラル・マネジャーのLinda Cappelleは、次のように述べています。

「Secretary Plusは、小さな組織ですが、イノベーションやビジネスを拡大するための画期的な方法を絶えず探している会社です。従業員が新しいアイデアを生み出すことや、新しいプロジェクトを立ち上げることは大いに歓迎されます。自分が働く会社がこうしたイニシアティブを取り入れているということは、従業員のチャレンジ精神に火をつけ、さらなる行動を促します。

従業員の成長、起業家精神や学習意欲を引き出すこうした文化に加え、職場における「FUN(楽しむこと)」も重要だと考えています。FUNであることはより良いチームづくり、風通しのよいコミュニケーションの実現には欠かせず、従業員をクリエイティビティーに溢れ、かつ機敏で積極的に働く、意欲の高い人材へと変えるのです。このことは、私たちの好調な業績を支える秘訣の1つです。」

USG People、さらなる"働きやすさ"の追求

Dirk Veermanが提唱する、グローバル組織のメリットの活用:

「USG Peopleは、従業員にとって理想的な会社あり続けるための投資を続けています。『働きがいのある会社』の選考に参加して以来、その投資によって働く場としての環境の質が年々改善していることを実感しています。Recruit Global Staffingの設立に伴い我々は今、各社の働く人たちが誇りを持てる、グローバルな相互連携組織を目指して注力しています。ともにチャレンジングな目標を目指す、グローバルなグループの一員としての意識が、従業員の意欲を高めることを後押しします。

また、我々のグループ全体に、豊富な経験と知識があります。人材マネジメントに関するベストプラクティスの共有により、Recruit Global Staffingとしてその既に有効性が実証されている資産を活用しあうことができるのです。こうした連携は、大きなチャンスの扉を開いていくことができると考えています。」

*出典: Best Multinational Workplaces in Europe (英語)