Menu

地方創生

地方創生プロジェクト

機会格差という日本の社会課題に向き合うためのプロジェクトです。

リクルートホールディングスでは、地域社会が抱える課題解決に寄与すべく、「地方創生」をテーマに地方自治体や他業界の企業・団体と連携して事業開発に挑戦するオープンイノベーションの取組みを進めてきました。
その一環として2017年3月30日に和歌山県有田市と締結した包括連携協定のもと、リクルートホールディングスは有田市と協働で、リクルートの持つ人材力、マネジメント力、IT力を活用し、地域課題解決支援モデルの実証実験を開始しました。
2年間で、「有田みかん」ブランドの磨き上げ、ふるさと納税の拡大、新規販路開拓及び販売単価向上、ドローンを使った農薬散布による生産性向上策にて成果をあげました。
2019年3月にはリクルートのノウハウを生かし、新規就農者獲得のための包括的支援スキーム「AGRI-LINK IN ARIDA」を構築しました。本スキームは、価値ある土地と農家の誇りを未来に残す、新規就農者、農地提供者、受け入れ農家それぞれがメリットを享受できる、三方よしの就農スキームとなっています。2019年度以降は、本スキームの効果検証を継続的に行い、持続的産業振興に向け地域にとって定着し拡大し続けるモデルとなるよう、検討を続けていきます。

地方創生プロジェクト:01
地方創生プロジェクト:02
地方創生プロジェクト:03

リクルートと農家の共創プロジェクト